この頃は、コンビニでもクレジットカードで買い物をすることが珍しくなくなっています。コンビにで利用する場合には、ほとんどのお店で2万円程度までなら、サイン不要で商品の購入ができます。普段からクレジットカードを持ち歩いていれば、支払い用の小銭がない時でも、クレジットカード払いで済ませられます。小銭を出す手間を考えるとカード払いにしたほうが便利で済むということもあり、支払いが終わる前に商品を手渡してくれる店もあります。購入額に応じてポイントが貯まるというメリットもあります。コンビニそのものがポイントサービスを行っているところもあり、便利にポイントを貯めることができたりもします。手持ちのお金で支払いを済ませるより、クレジットカードで買い物をしたほうがポイントが入りやすいこともあります。切手や印紙などの有価証券は、クレジットカードでの支払いができないことがほとんどです。クレジットカードでのショッピングは誰でもするようになりましたが、カードの便利さの中には、実は危険性も潜んでいます。かつて、コンビニでクレジットカードを使った時に、カード番号がレジでコピーされて、不正使用をされてしまう出来事が発生しています。レジ付近は商品も多く、決済時に目移りしがちですが、安全性の観点から店員の動向を確認する必要もあります。また、クレジットカードの裏にはセキュリティコードが書かれていますので、人目れ触れないようにしましょう。